• HOME
  • 代表植田の職人ブログ

災害

  • 投稿日:2018年 6月25日
  • テーマ:その他

なにかとバタバタしていまして、なかなかパソコンの前に座れない日が続いております。日がたつにつれ、地震の影響で屋根の被害の多さがわかってきました。今日も朝から知り合いの足場やさんから電話がありまして、「大阪の瓦屋さんがいっぱいで奈良県からでもお願いできないですか?」この状況 仕事がたくさんあって喜ぶ人はいないだろうけど・・・ まず被災された方に申し訳ない気持ち その地震でくずれた屋根は我々 瓦職人が葺いた屋根。もちろん現在の材料や工法は昔とは比べものになりませんし、耐震 台風を意識して工事してあります。しかしその当時の屋根は地震の事など考えず工事されていたものがたくさん見受けられます。瓦は一つのパーツです。形にしていくのは昔も今も我々瓦職人です。手仕事なんです。これからの瓦屋根を守っていくのも我々なんです。肝に銘じて仕事していきます。

地震


朝 8時前に地震がありました。今日は朝から雨で現場に行くのを中止して事務仕事をしているときでした。阪神大震災も経験しているのですが、同じくらいか ちょっと弱いかなと感じましたが気持ちの上ではこれくらいですんで良かったと思い また事務仕事の続きをしていました。屋根の被害が出ているとは思いもしませんでした。9時を過ぎた頃1本の電話があり、「すぐにシートを持って来てほしい」場所は京都府八幡!

DSCN2348.JPG

東日本大震災の時を思い出しました。茨城県で復旧工事に行っていたときと、おんなじです。全力で直していきます。

宇陀市屋根葺替え工事


現在 工事中のS様邸。先代からのお付き合いをさせていただいています。当時よくあったのが表側だけ新瓦で、裏側は古い瓦を再利用するというもの。S様もその仕様でしたが、裏側がずっと気になされていましたので葺替え工事をする事になりました。ほんと うれしいです 長いお付き合い。

DSCN2346.JPG

前の記事 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11
商店 宇陀 屋根リフォーム 橿原 桜井
  • 無料屋根診断
  • 無料雨漏り診断
  • リフォーム 橿原
  • 橿原